本文へスキップします。

大哺乳類展3-わけてつなげて大行進
2024年3月16日(土)~6月16日(日)国立科学博物館(東京・上野公園)
圧巻!リアル哺乳類大図鑑
圧巻!リアル哺乳類大図鑑
上野へ、進路をとれ。

分類と系統から哺乳類の進化の不思議に迫る!500点を超える標本による大スケールの展示
分類と系統から哺乳類の進化の不思議に迫る!500点を超える標本による大スケールの展示

大好評を博した2019年の特別展「大哺乳類展2」から5年、大哺乳類展が再び上野に帰ってきます。
今回のテーマは「分類(=わける)」と「系統(=つなぐ)」。
見た目や内部の特徴、DNAなどをもとにグループ分けし、
それらの関係性をつなぎあわせることで浮かび上がってくる哺乳類の不思議に迫ります。

みどころ

似ているけれど違う似ていないけれど同じ!?

分類の手がかりとなる骨格や内臓などの
貴重な標本も見比べながら、
哺乳類の進化・多様化の不思議や
適応の素晴らしさを楽しく学べる!

  • フクロモモンガ
    ニホンモモンガ
    ムササビ
  • 双前歯目

    フクロモモンガ
    コアラやカンガルーに近い! コアラやカンガルーに近い!

    齧歯目

    ニホンモモンガ
    ムササビ
    全く別のグループに分類される
  • コビトカバ
    スジイルカ
  • 鯨偶蹄目

    コビトカバ
    スジイルカ
    実は近いグループに分類される

さらにスケールアップ!
大迫力「哺乳類大行進」

会場中央を横断する大ステージでは、国立科学博物館が誇る哺乳類の剝製標本が「大行進」!

2019年に開催した前回展よりもさらにスケールアップし、陸と海の哺乳類あわせて約200点の標本が、本展のテーマに即して関係性の近いグループごとに行進する様子を楽しめます。

日頃公開されていないとっておきの標本もずらりと集結!

2019年に開催した特別展「大哺乳類展2」での「哺乳類大行進」の様子

初公開標本たちも登場!

キタゾウアザラシの剝製標本(国立科学博物館所蔵) 
アジアゾウの頭骨標本(国立科学博物館所蔵)

※会場では全身交連骨格を展示予定

クロサイ赤ちゃんの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
プーズーの剝製標本(国立科学博物館所蔵)
キボシイワハイラックスの剝製標本(国立科学博物館所蔵)

国内では唯一となるキタゾウアザラシの剝製標本をはじめ、アジアゾウの全身交連骨格、赤ちゃんクロサイ、プーズー、キボシイワハイラックスの剝製標本などが初公開。分類の手がかりになった頭骨や骨盤骨、内臓も含め約30点の標本がお披露目となります。

シロナガスクジラの心臓のプラスチネーション(ロイヤルオンタリオ博物館所蔵/© Royal Ontario Museum)

※会場では実物大レプリカを展示予定

クジラの心臓大きさを体感

カナダのロイヤルオンタリオ博物館が所蔵する、現在地球上で最大の動物であるシロナガスクジラの心臓が、実物大レプリカになって登場!
圧巻のスケールをご体感ください。